WordPressのバージョンを5.1にアップデートしてみました


WordPressの5.1バージョンが2月21日にリリースされたようで、その日からダッシュボードには「5.1に更新してください」の表示が出続けていました。

ただし更新の際には、更新後にエラーが出たり、最悪全てを失う可能性もゼロではないという危機感もあり、中々アップデートできずにいました。


ですが最新のバージョンで運営するのがベストですし、私が導入しているプラグインWordpress Securityも「WordPressを5.1に更新してください」とずっと言い続けている・・・。

そこで、全てのデータのバックアップを取ったところで(当然ですが)、ついに5.1にアップデートしてみることにしました。

ついに更新

リリース発表から10日後、ようやく更新ボタンをクリックしてみました。

バックアップは取っているのだし、大丈夫だよね・・・?とドキドキしながら更新が終わるのを待ちます。


途中、「データベースのバックアップを取ってください」という内容の画面表示が出て来て「エクスポートもついさっき終わらせたよ~」とさらにドキドキしながら指示に従い案内表示をクリックし、とりあえずWordPress側が言うところのバックアップを終わらせて「続行」ボタンをクリック。

1分ほどで無事に更新されました。

更新後の変化

「サイトが消えてたりして・・・」と少々不安になりつつサイトをチェックしてみたところ、特にエラーも出ていませんし、真っ白になってもいませんでした。

念のためいくつかの記事をチェックしてみましたが、こちらも無事のようです。


ダッシュボードに戻ってみると、「新しくこんなことができます」みたいな表示が出ています。

一番下には「クラシックエディタを使用しますか?」という問いかけもありましたが、私は最初から新しい(多分)エディタでWordPressを使用していたため、とりあえずスルーしました。


さっそく何か記事を書いてみようと新規追加してみたところ、ちょっと使い勝手が変わっています。

今までなかった機能が追加されているようです。


ブロックエディタの機能が、赤字とか赤太字とか、マーカーとかが新しく加わっています。

おお・・・!

さっそく使ってみます。下がそのセンテンスです。

ブロックエディタの新機能確認

ブロックエディタの新機能確認

ブロックエディタの新機能確認


赤太字と黄色マーカー、青色アンダーラインマーカーを使ってみました。

他にも何かできることがあるのかもしれませんが、とりあえず使える機能が増えて便利になったようです。

更新した感想

更新して何かあったらどうしよう、と最初はかなり少し不安でしたが、私の場合は特にエラーもなくスムーズに使えています。

恐れずに早く更新していても問題なかったな、という感じです。


アップデートがまだの方のご参考になればと思いこの記事を書いてみました。

導入しているプラグインや動作環境にもよるのかもしれませんが、未更新の方の検討材料になればいいなと思います。

▼ レンタルサーバーならコレ!
高性能のエックスサーバーはこちら

このサイトのサーバーも、エックスサーバーを使っています(〃´∪`〃)


▽ よければ、こちらもどうぞ。