冬の体温め術

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

体を冷やさず健康に快適に過ごせる、自宅でできる簡単なケアをご紹介します。

身近にあるもので温める

特に冷えを感じやすいのは、足先や手足などの末端です。

足を温めるには、カイロを使うのが効果的です。

足専用のカイロも販売されていますが、大きさで考えるとどうしても割高です。


そこで、普通サイズのカイロを使って足を温めます。

普通サイズのカイロを足の形に合わせて指を包み込むように、少し折って靴下の上から貼りつけます。


こうすることで、足の指先から温めることができます(かさばるので、外出用には向きませんが)。自宅で過ごす分には、普通サイズのカイロが活躍します。

手を温めるには、単純ですが、グーパー運動が簡単にできて便利です。


この時、しっかりと力を込めて握る→開くを繰り返しましょう。

また、ハンドクリームを塗る際に指の間の「みずかき」部分を少し強めに押して刺激を与え、温めるのも効果的です。


痛気持ちいいと感じるくらいの強さで刺激してみましょう。

体の中から温める

東洋医学では、食材は体を温める「陽」のもの/体を冷やす「陰」のもの/どちらでもない「間性」のものとに分けられます。

温める食材/冷やす食材を正しく見分けて、生活に役立てましょう。

・色で見分ける

色の濃いもの、暖色系のものは体を温める食材です。反対に色の薄いもの、寒色系のものは体を冷やす食材です。

・産地で見分ける

寒い地方で育つ食べ物は、体が蓄熱できるよう、体を温める果物や野菜が多いです。その反対に南国ではの食べ物は、体内にこもった熱を下げるため、体を冷やす食べ物が多く育ちます。

・発酵しているかどうかで見分ける

発酵食品は、代表的な体温め食材のひとつです。体の代謝を良くする酵素が入っているため、発酵食品は体を温めてくれます。日本酒や味噌、納豆、醤油、漬物などの日本古来の食材はもちろん、チーズやヨーグルトなども発酵している食品のため、体を温めてくれる、毎日摂りたい食品です。

・旬で見分ける

寒い時期に育った食べ物は、体を温めてくれます。特に固い食べ物は、水分や油分が少なく体を温めます。人参やごぼうなど、土の中で育つものは温める食材ですが、逆に土の上で育つ葉物は、冷やす食材と言われています。

体を温める食べ物・・・

・人参     ・たまねぎ   ・じゃが芋 ・レンコン
・カボチャ   ・ごぼう    ・かぶ   ・生姜
・黒砂糖    ・玄米     ・納豆   ・キムチ
・小豆     ・黒ゴマ    ・卵    ・赤身の肉  など

体を冷やす食べ物・・・

・キュウリ   ・ナス   ・レタス   ・ほうれん草
・キャベツ   ・小松菜  ・白いパン  ・牛乳
・梨      ・スイカ  ・メロン   ・パイナップル  など

これらの特性を踏まえて、上手に毎日の食事に体を温める食材を取り入れましょう。

寝る前に温める

寝る前には、白湯を飲んで体の中から温めるのがお勧めです。

また、湯たんぽを使うのも有効です。


私は湯たんぽを2つ使っているのですが、足元にひとつ、さらにもうひとつはお腹に乗せて寝ています。

お腹の上の湯たんぽは少し重いですが、慣れてしまえば温かくてとても快適です。子宮の上に乗せるような感じで乗せて使っています。


また、「湯冷めを防ぐには」でもご紹介しましたが、足の指と手の指を使っての反復運動も冷えた足元を温めるのに効果的です。


体が冷えると血液の循環が悪くなり、免疫力も低下してしまいます。疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったりと、体調不良の原因になります。

体が正常に機能できるよう、冷えすぎない適切な温度を維持することが重要です。


特に女性にとって冷えは、美容や健康を妨げる困った要因となります。


冷えで体の不調を招いてしまわないよう、ストレッチやマッサージで血液の流れを良くしたり、食べ物や飲み物などで中からしっかり温めましょう。

自分に合った方法を取り入れて、つらい冬の冷えから体を守る工夫をしてみてくださいね。

▼ ギフトにも最適!アユーラの大人気入浴剤はこちら



▽ よければ、こちらもどうぞ。