ブログが教えてくれたこと


ブログを始めてみて、今まで知らなかったことに気付くことができました。

ブログを作るのは想像以上に大変でしたが、新しい自分を発見できる大切な気付きの機会になりました。

自分を知る機会を得られた

単純なことですが、意外に大きなメリットでした。

毎日つきあう自分自身について、案外自分でわかっていないことも多いものです。

「自分自身を的確に知ること」こそ、自分の価値や魅力を最大限に、外に内に発揮できるものだと思います。


自分がどんな強みを持っているのか。自分はどういうものに興味をもっているのか。

これらをきちんと把握することは、自分が本当はどういう時に満足を感じるのか、ひいては他ならぬ自分自身の真の幸せとは、一体何なのかを知る一助になります。


「これが普通とされていることだから」「周りの多くの人がそうしているから」という基準で考えてしまうと、実際にはそれを求めてもいないのに、そうすることが自分の幸福につながると思い込んでしまうことがあります。

「自分自身」にフォーカスすることで、それらの誤差を小さくし、人生の幸福度を上げることができるのだと思います。

気付いてくれる人がいた

私がこのブログを初めて公開したのは、2019年1月18日のことでした。

このブログはWordPressというソフトウエアを使用して作成しているのですが、そもそもドメインを取得し、レンタルサーバーに契約し、WordPressをインストールする・・・という一連の作業だけでも、ブログ作成初心者の私にとっては、相当に骨の折れる作業でした。


やっとの思いでWordPressをインストールまでしたものの、それで終わりというわけではありません。

ブログを管理されている方はおわかりかと思いますが、WordPressを使用するために必要なツールのインストールあり、実行すべき処理ありで、記事を作成するまでにも、私は相当の時間を要しました。


パソコン上級者であれば、サクッと終わる作業も工程も、検索しながらロースピードで前進・・・といった感じでした。

ひとつのことを調べるのに、数日かかっても解決できない、なんてこともありました(最終的には、解決できましたけれど)。


些細なことに引っ掛かり、記事を書くどころではなく、なかなかブログを更新できないもどかしい日が続きました。

よくよく考えてみれば、誰に頼まれたわけでもなく、自分の意志で勝手に始めたブログです。

1ヶ月も経っていない今、誰か見ている人なんて、当然いないだろうと思っていました。


とある設定のために開く必要があり、グーグルアナリティクス(Googleが無料で提供する、Webページのアクセス解析サービスのことです)にアクセスしたときのことです。

ユーザー数諸々は間違いなくゼロだろうと確信して開いたところ、5人の閲覧者がいたことがわかり、ものすごく驚きました。


この、無尽蔵に深くて広いネットの海の中で、私のブログを見つけてくれた人がいた。


上位検索されるたくさんの有名・人気サイトやブログが海上の波だとしたら、始めたばかりの私のブログは、太陽光の当たらない深海最奥部で眠る砂の一粒のようなものです。

解決できない調査事項にもやもやと疲れが募り、肩がぱんぱんに張っていたのですが、ユーザーがいたという事実に、体と心の力がすーっと抜けていったのでした。


もちろん、そのユーザーさんたちは、たまたま私のブログに来ただけなのだと思います。

間違って訪れてしまって、何このしょぼいブログ・・・と思いすぐさまブラウザバックしたかもしれません(多分、そうだとは思います)。

でも、たとえ偶然でも誤りでも、このブログに気付いてくれた人がいたことが、とてもうれしかったのです。

スタートは砂の一粒でも

それはきっと、可能性なのだと思います。

これからこのブログが、誰かにとって価値あるものになれるかどうかは、全くわかりません。


もしそうなれなかったとしても、私がブログを初めてみたいと思い、奮闘しながら紡いでいったデザインも言葉たちも、私にとっては価値あるものだと思っています。


それは自己満足でしかないとしても、人生で大切なことは、自分で自分を幸せにすることだと思っているからです。

きっとまた、進めないもやもやで「あー、とんでもないものに手を出してしまった・・・!」とフリーズする日も来るでしょうが、できるところまで作り続けていきたいなあと考えています。

▼ アフィリエイトを始めるならコレ!


▽ よければ、こちらもどうぞ。