とっても簡単甘酒アレンジレシピ


甘酒に加えるだけの、とても簡単なレシピをご紹介します。

いつものプレーンな甘酒が、少しの工夫でよりおいしく仕上がります。

甘酒+しょうが

オーソドックスなしょうがの搾り汁を加えたレシピ。


甘酒1杯(200ml)にしょうがの搾り汁を小さじ1杯程度加えます。

体の冷えを感じる季節におすすめのレシピです。

はちみつを加えて甘みをプラスし、おやつ代わりにも。

甘酒+牛乳

ちょっと便秘気味かも、という時の牛乳を加えるだけのレシピ。

分量は、甘酒:牛乳=1:1がおすすめ。

冷たくして飲むとさらに効果的です。

甘酒+豆乳

甘酒をさっぱり飲みたい時のレシピ。

分量は、牛乳のレシピと同様に1:1がおすすめです。

美容効果も高いそうで、一時期話題になりました。


ダイエット中や、カロリーが気になる方は、どちらも無糖タイプのものを選びましょう。

甘酒+ココア

ココアパウダーを加えて、おやつ代わりに。

温めて飲みます。

甘酒1杯(200ml)にココアパウダーを小さじ1、2杯程度をお好みで加えます。


甘酒本来の甘みとココアがブレンドされて、ホットチョコレートのよう。

ココアパウダーは、無糖タイプのものがおすすめです。

甘酒+シナモン

甘酒にシナモンパウダーを加えるだけのレシピ。

甘酒1杯(200ml)にシナモンパウダーを小さじ1杯程度を加えます。

こちらも、温めて飲むとシナモンのいい香りが引き立ちます。


老化防止に役立つシナモンを使って、アンチエイジング対策ドリンクにしてみてはいかがでしょうか。

甘酒+生クリーム

少し禁断の、高カロリー甘酒アレンジレシピ。

甘酒1杯(200ml)に生クリームを大さじ1杯ほど加えると、とてもミルキーでまろやかなスイーツドリンクに変身します。

生クリームは、コーヒーポーションでもいいのですが、おすすめは動物性の純生クリーム(ホイップしたクリームではありません)。


少しお高めですが、植物性のものより、濃厚な口当たりが楽しめます。

昔から日本で親しまれて来た甘酒は、近年美容効果や健康効果が見直され、その人気も高くなっています。


伝統的な飲料である甘酒を、少しのアレンジでよりおいしく気軽に飲めるよう工夫したレシピをご紹介しました。


ダイエット中の方や、最近食べ過ぎが気になるという方のおやつ代わりにもいいんじゃないかな、と思います。

どうぞ、お気に入りのレシピを見つけて、「飲む美容液」甘酒をより楽しんでみてくださいね。

▼ 肌質改善に!高濃度プラセンタサプリはこちら


▽ よければ、こちらもどうぞ。