〖 だしいらず 〗余った豆乳でカボチャのお味噌汁

5月の大型連休に実家に帰るので、冷蔵庫の中を整理しようと余っている豆乳でお味噌汁を作ることにしました。

普段はだしでお味噌汁を作っていますが、今回は簡単に顆粒だしで済ませることに。

材料はこれだけです。


材料

・ 豆乳 400ml
・ 水 400ml
・ カボチャ 1/4カット
・ 味噌 大さじ2
・ 顆粒かつおだし 半分(2.5g)
・ 薄揚げ(適量)

作り方

1.鍋に分量の豆乳と水を入れて中火で温めます。

2.その間に、カボチャを食べやすい大きさにカットして、電子レンジ(600w)で2分加熱します。


上がカットしたカボチャと、私が使っている包丁。

この包丁、去年の夏にアミュプラザ博多のハンズメッセで買ったのですが、切れ味抜群です。


通常価格よりだいぶお安く買えたのですが、切れ味が鋭すぎてこわいくらい。

ゴーンさんの弁護士をしている弘中さんくらい切れます(本当に)。

ちょっと気を抜くとサクッといってしまい、何度も指をケガしています・・・(-_-メ)


3.2のカボチャを1に入れ、さらに分量の味噌と顆粒かつおだしを入れて溶いたら出来上がり。


超カンタンでした。


写真にモヤモヤと浮かんでいるのは、熊本名物の「南関あげ」を砕いたもの。

「南関あげ」とは、水分が抜かれてパリパリのカサカサ状態になった油揚げのことで、全国的に使われている油揚げだと思っていましたが、九州地区以外ではあまり知られていないそうです(知らなかった)。


ちなみにこの南関ああげは、東京の有名ないなり寿司屋さん「呼きつね(こきつね)」でも使われている油揚げ。

有名なお店で使われているってことは、かなりおいしいってことですね~ (*´ω`*)

普段は何気なく使っていましたが、確かにこの油揚げはコクがあって、お肉の代わりにもなる優れものです。


ところで私、以前にお笑い芸人サバンナ八木さんが「メレンゲの気持ち」で紹介していた豆乳うどんを作ってみたことがあるのですけれど、なんかおいしく食べられなかったんです。


クリーミーなうどんに舌がなじめなかったというか、豆乳とめんつゆの組み合わせがダメだったというか。

でも今回はなぜか大丈夫な気がして、豆乳でお味噌汁を作ってみました。

豆乳と味噌の組み合わせはオッケーみたいです。


味噌は麦味噌を使っています。

たぶんマルコメとかの方がだしの味が効いていておいしいと思うのですが、麦味噌が体にいいのでずっと麦味噌を使っています。

麦味噌だとお湯に溶かしても麦とかが溶けきれずに残ってしまいますが、漉したりせずに汁物のアクセントだと思ってそのまま食べています。



あと、上で「鍋に入れる」と書きましたが、私はスープでもカレーでも、ほとんどこのフライパンを使っています。

このフライパンも、ハンズメッセで買ったものです。


テフロン加工だったのに、すっかりテフロンが剥げてしまいました。

今年の夏も、ハンズメッセで新しい鍋を買う予定です!(去年も買った)

お味噌汁に使ったカボチャは、元は1/2カットでした。

お味噌汁にした以外は、一口大にカットして電子レンジ(600W)でこちらも2分加熱してから、フライパンに投入。

大さじ1の水で蒸してから、砂糖をどの位入れるか味見します。


今回のカボチャは、大当たりでした~ (*´▽`*)

砂糖入れなくてもいいくらい甘くてホクホク。

カットされているカボチャは、できるだけオレンジ色の濃いものを選ぶのがポイントです!



カボチャは緑黄色野菜なので、必ず油と一緒に調理するようにしています。

油と一緒に摂ることで、緑黄色野菜に含まれるβカロテンの吸収率が大幅にアップします。

美容と健康にもいいですよ~。



私が使っている油はコレ。


オリーブオイルとかでもいいのですが、米油はクセがないのでとても使い勝手が良いのでおすすめです。

素材の味を邪魔しません。

スーパーやドラッグストアとかで簡単に手に入りますよ~。


一つ上の写真右側に私の右手が写っていますが、バンドエイドを貼っています。

そうです。

今回もハンズメッセで買ったキレッキレの関孫六(せきのまごろく)包丁でサックリいってしまいました。


一瞬ちょっとかすっただけで、スパァーッですからね。

このあいだ人参でやった傷が癒えてきた頃に、また負傷。


もう、軍手の上からビニール手袋をはめて調理しようかと思うくらいです。

皆さんも、包丁の扱いには十分注意してお料理してくださいね。

▼ WEB限定価格(送料無料)の特典付き無添加の生味噌
「有機玄米味噌3セット」と「契約栽培味噌3セット」


▽ よければ、こちらもどうぞ。