洗面所の悪臭を解決する方法


ある日を境に突然、洗面所から悪臭がし始めた。

換気扇を回しても解消しないし、なんだか洗面所の空間自体が、モワッと嫌な臭いに包まれている・・・。


そんな経験はありませんか。

もしかしたらそれは、封水の蒸発や防臭キャップのずれ・破損が原因かもしれません。

洗面台下から悪臭がする場合

1.排水トラップの封水が蒸発している

洗面台下スペースの扉を開けて強い臭いを感じたなら、悪臭の原因は洗面所の排水パイプもしくは排水管付近にある、ということになります。

洗面台下にあるパイプは、S字型に曲がるか、くるりと一回転する形をしています。


これはS字状に曲げるなどして排水管内に水が留まる仕組みを設け、そこで形成された水栓(封水と呼ばれる臭気を止めるための水が、常に一定量溜まるようになっています)によって害虫や臭気・ガスを遮断する役割があります。

これを「排水トラップ」と言いますが、この仕組みのおかげで、下水の匂いはシャットアウトされています。


通常の状態であれば、封水が溜まって匂いはしないはずですが、水を勢いよく出し過ぎて封水がカラになってしまったり、長期間家を空けて封水が蒸発してしまったような場合には、匂いが上がって来てしまいます。

しばらく水を流して封水を溜め、臭気の侵入をブロックしましょう。



2.防臭パッキンを疑ってみる

封水蒸発ではなかった場合、次に疑わしいのは、パイプと排水管を繋ぐ防臭パッキンのずれや破損です。

通常、洗面台の多くは洗面ボウルの下が収納スペースになっていて、そこには排水のためのパイプが設置されています。

このパイプは、洗面所の床を通って外の下水につながる排水管に接続されています。


そのパイプを見てみると、床につながる排水管との接続部分に隙間を埋めるための『防臭パッキン』が設置されています。

そのパッキンにずれや破損によって隙間ができると、その隙間から室内に臭気が漏れて入って来てしまうのです。


この場合は、ずれているだけならばパッキンをきちんと設置し直すことで改善しますし、壊れてしまっている場合には新しい防臭パッキンを購入して付け替えることで解決します。

快適に洗面所を使うために

普段からこまめにお掃除やチェックをして、洗面台付近に異常がないかメンテナンスするようにしましょう。


一度悪臭や詰まりが原因のトラブルが起こってしまうと、解消するのが大変な場合もあります。

そうならないためにも、日頃から定期的な掃除や点検を行うことで、洗面所を快適に使えるよう心掛けましょう。

ちなみにわが家では、洗面所の悪臭を解決するのに3週間かかりました。

水の流れが悪くなったので割箸を使って空気を通そうとしたら(以前にこの方法で水が流れるようになったので)割箸が抜けなくなってしまい、仕方なくパイプを外して割箸を取り出し、ついでに溜まった汚泥の掃除もしたのでした。


その直後から洗面所が匂い出し、あまりに不快なので早く解消しようと色々原因を探ったのですが中々突き止められず、悪臭と同居するのは苦悶の日々でした。

封水も切れていない、パイプのナットも緩んでいない、原因自体が全くわからない・・・。


管理会社に連絡をして水道業者さんに電話で点検を依頼しようとしたところ、「防臭パッキンがずれている可能性がある」と言われ、チェックすることにしました。

うちの防臭パッキンは洗面台収納スペースの床下(パッキンが隠れるように板を敷いてありました)に設置されていたため一度板を取り外さなければならず、作業はかなり大変でした。


100均で買ったドライバーセットでネジを回して外すのですが、4つのうち2つのネジはどうしても外れず、知り合いから電動ドライバーを借りて何とか外しました。


床板を開けてみると、やはり防臭パッキンがずれており、すぐに元に戻しました。

割箸を詰まらせてパイプを外した時に防臭パッキンが振動でずれてしまったようで、そこから悪臭が上がってきていたのです。


そもそも排水口が詰まらないように日ごろからメンテナンスしておけば、こんなことにはならなかったのに・・・、ととても反省しました。

それ以降は日頃のちょこっと掃除や定期的な点検を心掛けるようになり、毎日気持ちよく洗面所を使用しています。


一度起こると、解消が中々大変な水回りのトラブル。

大事に至ってしまう前に、しっかり日頃からメンテナンスすることが、トラブルにならないためのポイントです。

▼ 効果抜群!100%天然成分の消臭剤はこちら



▽ よければ、こちらもどうぞ。