私の月経期の過ごし方


私は生理が近付いて来ると、子宮の辺りが重くなります。

生理が始まる約一週間前から下腹に「一週間から10日後くらいに、なりますよ」という小さなサインが出されます。


そして徐々にその感覚は重くなってゆき、ある日「あ、来た」となります。




私は生理になると、お酒と肉類(魚も)と油っぽいものが途端にダメになります。

冷たいものも体が受け付けなくなります。

若い頃はここまで敏感ではなかったですが、30を超えてからその傾向は顕著になりました。


だから生理中は、ほとんど野菜中心の食事になります。

あと、甘いものが欲しくなった時には、できるだけ体を冷やさないように黒砂糖とかきび砂糖を使った優しいスイーツを食べるようにしています。


▽ 九州銘菓 黒棒



と言っても、主に体質が変わるのは一番重い1日目と2日目です。

普段は唐揚げでも豚の生姜焼きでも食べますが、肉&油などは口に入れられません。


元々お酒は飲みませんが(ここ1年ほどで、一切飲まなくなりました)、生理中は冷たいものも飲めなくなるため、真夏でも冷えた炭酸飲料は飲めなくなります。

それでも、口の中はさっぱりしたくなるので、できるだけ体に優しいお茶を飲んでいます。


私が飲んでいるのは、「南阿蘇ティーハウス」の「26Tea こだわりの健康茶 380g」です。

その名の通り26種類のハーブ・野草、穀物、果実が入っていて、すっきりしていてとても飲みやすいです。



▽ 画像は、26Tea を切らしていたので、同じ阿蘇ティーハウスの美ラインシリーズのお茶。



変なクセや主張がなく、葉っぱやちいさな木の実みたいな穀物などがゴロゴロと入っていて、袋の中の茶葉を出すと、目からも健康が入ってくる気持ちになります。

私の好きなハトムギ、柿の葉、びわの葉、あまちゃづる、黒大豆なども入っています。


もちろんノンカフェインです。

2L容器で約30日分作れるので、1袋あれば1ヶ月はもちます。


生理中は、呼吸にも気を付けています。

生理痛が襲ってくると(私の場合はあまりひとくはありませんが)、どうしても呼吸が浅くなりがちなので、意識して深く呼吸をするようにします。


まずはしっかりと吐き切り、そして気持ちゆっくりめに吸って、今度はゆーっくりと吐きます。

忍者の極意みたいなもの(多分テレビ番組)で知ったのですが、呼吸の回数を減らすことで精神の安定がもたらされるそうです。




生理は、今月も自分の体が正常に機能してくれている証拠なんだなあと、年を重ねるごとにしみじみ思います。

体からの声をちゃんと聴いて、無理をせず、自分の体がその時に欲しているものを食べたり、行動したりするように心掛けて過ごしています。


▼ おすすめの布ナプキン「おためし3日間セット」


▽ よければ、こちらもどうぞ。