大切なジュエリーのケア


大切なジュエリーの美しさを保つために、自宅での小まめなケアを心がけています。

使った後の簡単なクリーニングで、きれいをキープできます。

柔らかいクロスで拭く

最も簡単なお手入れで、清潔な柔らかい布を使って優しく拭きます。

ジュエリー専用のクロスなども売っているので、それを使うのもおすすめです。


1日身に着けたジュエリーは、どうしても汗や皮脂や化粧品などの汚れが付着してしまいますが、少しの汚れなら拭くだけのお手入れでも大丈夫です。

帰宅後の着替えるタイミングで、さっとお手入れすると良いでしょう。

中性洗剤で洗う

クロスで落としきれない汚れには、台所にある中性洗剤を使ってつけ置き洗いをします。

ぬるま湯で薄めた中性洗剤で、ジュエリーを数分つけ置きして汚れを浮かせます。


ジュエリーの裏側や細かい部分の汚れは、洗剤をつけた柔らかいコスメブラシなどでこすります。


洗剤が残らないように流水でよくすすいだら、柔らかい布で優しく水分を拭き取ります(排水溝に落とさないように注意しましょう)。

この時気を付けなければならないのが、ジュエリーの種類。


硬くて強いジュエリーは水洗いしても大丈夫ですが、真珠や珊瑚などの有機物のジュエリーは、水洗いには向きません。

これらのジュエリーは水に濡れると変色の恐れがあるため、から拭きのお手入れにとどめておきましょう。


水洗いできるジュエリー(硬度が高く強いもの)
ダイヤモンド/ルビー/サファイア/アクアマリン/トパーズ/アレキサンドライト/ゴールド/プラチナ

水洗いできないジュエリー(有機物など)
真珠/珊瑚/象牙/琥珀/べっ甲/トルコ石/エメラルド/ラピスラズリ/マラカイト/ムーンストーン/アマゾナイト/オパール

身に着ける時のケア

化粧品やヘアスプレー・除光液などはジュエリーの大敵です。

ジュエリーは、身支度が終わってから身に着けるようにします。


また、キッチンなどの汚れが付きやすい場所や、温泉などでの着用も控えましょう(ジュエリーによっては、温泉成分により変色してしまうものもあります)。

保管する時のケア

間違った保管方法だと、大切なジュエリーが劣化したり、傷が入ってしまうことも。

適切な方法で保管するようにしましょう。

保管の方法

・ 直射日光が当たらず、湿気の少ない場所に保管する
・ 防虫剤が入っている場所は避ける
・ 硬いものとぶつからないようにする(専用ケースが安心です)

          

ところで皆さんは、はめる位置によって「指輪の意味が変わる」というのをご存知ですか?

指輪には、それぞれの指にそれぞれの意味やパワーをもたらしてくれるのだとか。

親指 ~サムリング~

右手:リーダーシップや威厳・勇気をもたらしてくれます。
左手:難関に立ち向かうパワーを与えてくれたり、夢や目標を叶えてくれます。

人差し指 ~インデックスリング~

右手:集中力を高めたり、強い意志を授けてくれます。
左手:積極性や精神力を高めてくれます。また、自分の進むべき道を指し示してくれます。

中指 ~ミドルフィンガーリング~

右手:インスピレーションを高めてくれます。邪気から身を守る効果も。
左手:協調性を高め、人間関係を円滑なものにしてくれます。

薬指 ~アニバーサリーリング~

右手:リラックスやインスピレーションをもたらし、恋を叶えてくれます。
左手:愛や絆を深めてくれる・願いを叶えてくれる効果があります。

小指 ~ピンキーリング~

右手:魅力や好感度をアップさせてくれます。
左手:恋やチャンスを引き寄せてくれます。また、現状を打破する力を授けてくれます。

参考

▷ つける場所によって変わる指輪の意味

▷ 指によって意味が変わる?結婚指輪はどの位置にはめる?

大切なジュエリーを長く美しく使い続けるためには、日々の小まめなお手入れが重要です。


しまったままにしているものは、定期的にチェックを行いましょう。

もしも不具合が見つかったら、まずは自分でできるケアを行い、それでもきれいにならなかったら、宝石店等に相談に行くのがおすすめです。


大切な誰かからもらったり、頑張って自分で買ったりしたジュエリーは、使うほどに愛着が湧いて来るものです。

大事なジュエリーを長く愛用するために、着用前・着用後のケアやチェックを心がけ、ジュエリーの輝きを守りましょう。

▼ 自分へのプレゼントにも!
大人気ビジュソフィアのジュエリーはこちら


▽ よければ、こちらもどうぞ。