NHK「日本夜景めぐり」を見てみました


先日の深夜(3月4日)にNHKで放送された「日本夜景めぐり(東京)」を録画して見てみました。

想像していたのとは少し違い、何とも言えない味わいのある番組でした。

ノーナレーションで、穏やかなインストゥルメンタルと共にただただ東京の夜景を映すのみ。

30分間、ただそれだけです。


ぼーっと眺めていると、お正月特有のバラエティ番組ばかりでぱりっとしない感じに似ているな、と思いました(お正月のバラエティ番組が好きな方はすみません)。

年明けのテレビ番組倦怠期と近い感覚になる番組でした。

けれど、東京の夜景はやっぱりきれいです。


空から、時に地上からの夜景が画面に映し出されるのですが、ナレーションが無いため耳から入る情報がなく、不思議な感じです。

見ていると、ビルの明かりで「火の用心」の文字が作られた建物などが。


東京は江戸っ子の町なのだなあと改めて認識させられます。

丸の内あたりは、東京の中でもおしゃれな感じです。


四角いビルが所狭しと立ち並び、夜の暗さとビルの明かりが放つ美しさがコントラストとなって、ルービックキューブが宝石になって並んでいるようです。

東京タワーに始まって東京タワーで終わったのですが、やっぱり世界が誇る大都市東京は、地方都市に住む私にとって宝石箱みたいに眩い街なのでした。

▼ 通販限定「極上コーヒーセレクション」はこちら!


▽ よければ、こちらもどうぞ。