お風呂のきれいを保つ方法


お風呂のきれいを保つには、使用後の掃除と浴室内・バスアイテムの乾燥が必須です。

私は年末に大掃除をしなくていいように、日ごろの簡単なお手入れで、そこそこきれいなお風呂をキープしています(けっこう、きれいな方だと思います)。

お風呂後は、掃除が必須

お風呂に入った後、お掃除はしていますか?

私は以前は、シャワーをかけるだけで簡単に済ませていました。

せっかくお風呂に入って体をきれいにしたのに、掃除をして汗をかくなんてお風呂に入る意味が半減してしまう、と思っていたからです。


ひとり暮らし最初のお部屋はユニットバスタイプのものだったので、シャワーカーテンをできるだけ広げてすぐに乾くように工夫していました。

それでも引っ越す直前の頃にはカビが発生し、トイレもシャワーも「あ~あ」と思いながら使用していました。


引っ越してからは、バス・トイレが念願のセパレートタイプになり、これでカビとは無縁の生活が始まると思っていました。

でも私は、お風呂あがりのメンテナンスを水シャワーをかけるだけで終了としていたので、しばらくするとバスルームが汚れていってしまいました。


特にうちのバスルームは、床素材がフラットではなく、たくさんの小さな溝のようなもので構成されているため(デザインなのかもしれません)、そこに汚れがたまる作りになっています。

そういう作りのバスルームだと、掃除がなかなか大変です。

市販の風呂用洗剤ではつけ置きしてもきれいには落ちてくれず、クリームクレンザーと歯ブラシとタオルの3点セットで根気強く掃除する羽目になりました。

とにかく、水分を残さない

お風呂あがりは、浴槽の掃除はもちろんのこと、壁や床の水分を徹底的に拭き取ってしまうことをおすすめします。

せっかくお風呂で体を洗ったのに、と最初は気持ちが萎えましたが、習慣化すれば大して面倒ではなくなるものです。

浴槽の掃除

お風呂からあがったら、できるだけ時間を置かずに浴槽を掃除するようにしています。

専用のブラシを使って浴槽内を掃除し、水で流すだけにしています。

ちなみに、洗剤は使っていません。

洗剤いらずの便利なお掃除ブラシを使っています。

壁と床の掃除

壁と床は、クイックルワイパーのヘッド部分にいらないタオルを巻いて輪ゴムで止め、壁→床の順番に掃除をしています。

そして最後はそのタオルで蛇口やイスの裏側もしっかり拭いて、水分を残さないようにしておきます。


もちろん換気扇は回しますが、うちのバスルームは窓がないので扇風機も併用し、バスルーム内をしっかり乾かすように心掛けています。


お風呂のきれいをキープするには、とにかく使用後に水分を残さないことに尽きます。

お風呂上がりの掃除は多少面倒ですが、習慣化すればバスタイムの一部のようなものになります。

皆さんも、お風呂の後はしっかりと乾燥させて、きれいなバスルームをキープしてくださいね!

▼ 〖2016@cosmeベストコスメアワード1位受賞〗
アユーラの大人気入浴剤はこちら


▽ よければ、こちらもどうぞ。