効果絶大!花粉症対策の手作りマスク

マスクの花粉カット率を劇的に上げる「インナーマスク」をご存知ですか?

インナーマスクとは、その名の通りマスクの内側に装てんするもうひとつのマスクのことで、ガーゼとコットンで簡単に作ることができます。


花粉を水に変える高機能マスクなども販売されていますが、なかなか値の張るものですよね。

そこで、自宅で簡単に作れて花粉のカット率が99%にもなるマスクの作り方をご紹介します。

インナーマスクの作り方

用意するもの

・ 縦横10cm程度にカットしたガーゼ2枚
・ 化粧用のコットン1枚
・ 不織布のマスク(市販のもの)

1.化粧用のコットンを丸めて、1枚のガーゼでくるみます(これがインナーマスク)。


2.不織布のマスクにもう1枚のガーゼを4つ折りにして当てます。


3.2の上にガーゼでくるんだコットン(インナーマスク)を置きます。


4.鼻の下に、1で作ったインナーマスクが当たるようにして完成したマスクを装着。

※ 息苦しいと感じる場合には、コットンの厚みを半分にしましょう。

インナーマスクの注意点

不織布のマスクは、顔にきちんとフィットするものを使用しましょう。

装着した時に隙間ができると、そこから花粉が侵入してきてしまい、インナーマスクの効果が薄れてしまいます。

また、衛生面から考えると、一度使用したインナーマスク及び不織布のマスクは使い捨てにしましょう。


また、このマスクと併用する形で、鼻の内部に薄くワセリンを塗るのも、花粉予防にはかなり効果的なのだそう。

鼻の穴の入口に綿棒などで少量のワセリンを薄く塗るだけの簡単な方法です(ただし脂漏性湿疹・脂漏性皮膚炎の方は避けた方がよいとのことです)。

ワセリンの効果

① 花粉の殻(外側)のアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす物質)が鼻の粘膜に付着するのを防ぎます。

② 花粉が割れず花粉の中にあるアレルゲンが出るのを防ぎます(花粉が割れることで中から別のアレルゲンが出てきます)。


マスクやゴーグルなどに加え、プラスαの対策として有効な手段です。

▷ ガッテン「今、ツライあなたに!保存版 新発想の花粉症対策」

99%以上もの花粉除去率があるというインナーマスクは、環境省も推薦しているものです。

花粉の到来が本格化して来る季節、すでに花粉症にお悩みの方もまだ発症していない方も、効果絶大のインナーマスクとワセリンを使ったプラスαの対策で花粉をしっかり予防しましょう!

▼ 販売実績12万個超え(2015年末まで累計)!
天然成分100%の花粉対策アイテムはこちら


▽ よければ、こちらもどうぞ。