ホコリを溜めないためのお掃除術〖まずは天井と壁をきれいに!〗


家に溜まるホコリがどこから発生しているのか、ご存知でしょうか。

いつの間にか溜まってしまうホコリは、衣服など布類から出る「繊維のクズ」が主成分です。

毎日がんばって床掃除をしてホコリを除去しても、すぐに溜まってしまうのは“静電気”が原因。天井や壁・ドアなどに静電気によって付着したままのホコリは、いつしか床に落下してしまいます。

天井と壁を掃除する

床にホコリを溜めないためには、そもそも天井や壁にホコリが付かないようにすることが重要です。

そのためのポイントは、上でもご紹介したように静電気を防ぐこと。


家にあるアイテムを使って、簡単に静電気を防ぐ掃除道具を作ることができます。

用意するもの

・ 柔軟剤
・ 水
・ 雑巾

静電気防止雑巾の作り方とお掃除方法

1.指定の分量の柔軟剤を水に入れて、その中にきれいな雑巾を浸します。

2.1の雑巾をしっかりと乾かします。

3.2でできた雑巾を使って、天井や壁・ドアを掃除します。高い所は、クイックルワイパーに雑巾を巻いて輪ゴムで止め、掃除しましょう。

ポイントは、しっかりと雑巾を乾かしてから使うことです。


雑巾を濡れた状態で使うと、水分がホコリを引き寄せる可能性があるのでよく乾かすことが大事です。

月に1回ほどこの雑巾で拭くだけで、静電気の発生を防いでホコリを吸着しにくくなります。

掃除は上からが基本

掃除は上から順にやるといいとよく言いますが、これは本当です。

床だけ掃除してきれいにしていても、天井や壁・ドアの側面からまたホコリはやってきます。


床にホコリを溜めないようにするには、まず「上」である天井や壁などに静電気によってホコリが付かないように掃除をし、それから床を掃除しましょう。


「上」の面積である天井や壁のホコリを抑えられれば、床に溜まるホコリも自然と少なくなってゆきます。

普段のお掃除を楽にする・家の中のきれいをキープするには、まずは天井や壁などを柔軟剤を使って作る静電気防止雑巾で拭いてから、ホコリの付着を抑えることです。


月に1度の「上」掃除で、ホコリが溜まりにくい工夫をすれば、家のきれいを保ちやすくなります。

▼ 便利で清潔!ディスポーザーのお試しはこちら


▽ よければ、こちらもどうぞ。