酸素系漂白剤を使った洗濯槽掃除の方法


酸素系漂白剤を使って行う、エコな洗濯槽掃除の方法があるのをご存知でしょうか。

粉末の酸素系漂白剤とは、「過炭酸ナトリウム」を主成分とした漂白剤の一種。

あらゆる汚れに効果を発揮し、掃除から洗濯まで幅広く活用できるマルチなナチュラルクリーニング素材です。

黒カビと衣類を一緒に洗濯する羽目に・・・

私はひとり暮らしを始めてから5年近く、洗濯槽の掃除をしていませんでした。

そしてある時、ついに洗濯機の中に黒カビが発生しました。


思えばよく5年もの間、大きなトラブルもなく洗濯機が正常に稼働してくれたものだと思います。

定期的なメンテナンスをしていない場合、おそらくもっと早くに黒カビの襲来にみまわれるものなのでしょうが、うちの場合はなぜか最近になるまで黒カビの心配なくお洗濯ができていたのでした。


ところがおととしの末頃からついに、洗濯機を回したときに黒カビも一緒に水の中を踊るようになり、一念発起して洗濯槽の掃除に取り掛かることにしました。

酸素系漂白剤の絶大なる力

洗濯槽は定期的に掃除しないといけない、とは思っていたものの、目に見えて汚いとかがなかったので、そのまま使い続けていました。

数回にわたり水を捨てるのがもったいない・面倒などの理由で先延ばしにしてきましたが、ついに洗濯槽の掃除を余儀なくされました。


市販の洗濯槽掃除用の洗剤を購入して作業にあたろうかと思いましたが、普段のお洗濯にエコで優しい洗剤を使っているため、できるだけ環境に優しい素材で掃除がしたいと思いました。

そこでたどり着いたのが、酸素系漂白剤での掃除でした。


方法はとても簡単です。

洗濯槽掃除の方法

1.50~60度のぬるま湯を、洗濯機の高水位まで入れます。

2.水10Lに対し100gほどの酸素系漂白剤を投入します。

3.3回ほど撹拌し、最低でも3~5時間、できれば一晩置きます。

4.放置後、浮いてきた大量の黒カビをネット等で掬い取ります。

5.水がきれいになったらすすぎを行い、再度浮いてきた汚れを根気強く掬います。

6.完全に水がクリアになるまで5の工程を繰り返し、すすぎ→排水を行って終了です。


洗濯槽を壊してしまう可能性があるので、1の工程で熱湯は入れないように注意しましょう。



また、100均などで小さめのネットをあらかじめ購入しておくと便利ですが、なければハンガーに使わないストッキングを張って代用することも可能です。

私は、使わなくなった調理用の掬い網を利用しました。

きれいな洗濯槽を保つために、扇風機を活用する

それなりの労力と大量の水を排水して勝ち取ったきれいな洗濯槽をキープし続けるためには、洗濯機使用後のメンテナンスが大切です。

以前の投稿でも記入しましたが、日々の生活できれいを保つためには、徹底的に水分を除去することが重要なポイントになってきます。


洗濯機を使った後は、扇風機で洗濯槽に風を送り、乾燥させることで洗濯槽のきれいを維持するのに役立ちます。

うちでは洗濯をした際には、必ず20分~30分程度風を送り、洗濯槽を徹底的に乾かすように心掛けています。


ちなみに我が家の洗濯機は無印良品のものです。

ドラム式ではないので扇風機を持ち上げる必要があるため、タテ型洗濯機に風を送る場合は、軽い扇風機のご使用がよいと思います(洗濯機の蓋を畳んだ箇所に扇風機の前ガード部分が引っ掛かるので、手を放した状態で送風できて便利です)。


洗濯機を始めとした水回りのお手入れは、使用後にしっかりと乾かすことが何より肝心です。

洗濯機を使った後の徹底的な乾燥対策と定期的なメンテナンスを心掛け、手間のかかる洗濯槽掃除の回数を減らせるようにすると、家事の負担も小さくできます。


簡単なことなので、皆さんの家でもぜひ取り入れてみてくださいね。

▼ 敏感肌のための優しい石鹸はこちら


▽ よければ、こちらもどうぞ。