シューズボックスの簡単ケア


シューズボックスのお掃はを、定期的にやっていますか?

シューズボックスはきちんとメンテナンスしておかないと、大切な靴にカビが生えたり、家の入口である玄関に悪臭を漂わせたりと困った状況が発生します。


簡単なケアとたまのお掃除で、シューズボックスのきれいをキープしましょう。

ケアを怠り、ブーツにカビが発生

シューズボックスのお掃除は、3ヶ月~半年に一度は行った方がいいそうです。

ところがわが家の普段のお掃除では、玄関をミニ箒&ちりとりで掃き掃除をしているので、シューズボックスのことはつい忘れがちになっていたのでした。


1日履いた靴はすぐにしまわずに玄関に出したままにして湿気を逃がしていたし、問題ないと勝手に考えていました。

ある時、事情があってしばらくシューズボックスを開けていなかったのですが、ブーツを履こうと開けてみたところ、カビが発生していました。


皮とスウェードの黒のブーツなのですが、スウェード部分に白カビが霜降りのように、びっしり・・・。

すぐさまカビ除去の方法をネットで検索し、なんとか復活させました(カビ部分をブラッシング→アルコールを浸み込ませた布で丁寧に拭く→時間を置いて乾かす)。


これが、カビさせてそして復活させた黒のブーツです(復活後)↓

しっかり復活しました。


1足ダメにしてしまうところだったので、しっかり反省し、定期的なケアをしようと誓いました。

新聞紙+重曹で湿気を除去

私が行ったのは、以下の方法です。

1.ボックスの中の靴を、すべて玄関に出します。

2.空になったボックス内を掃除します(水拭きした場合は、しっかり乾かす)。

3.ボックス内の各棚に新聞紙を敷きます(2~3枚重ねるとベスト)。

4.容器に入れた重曹を各棚に設置します。

5.靴をボックスに戻しておしまいです(その後、玄関掃除をすると完璧です)。

以前は新聞紙ではなく100均で購入した食器棚用のシートを使用していましたが、それでは湿気は逃げ場を失ってしまいます。


新聞紙を敷くことで、靴の湿気を吸い取る効果が期待できます。

重曹は、湿気除去と消臭効果の面で有効です。


私の場合は、重曹に使用期限の切れたアロマオイルを含ませて使っています。

シューズボックス特有の匂いは重曹だけでは完全にクリアできないので、この方法にしています(重曹を入れる容器は、小さな折り紙の箱を作って代用しました)。

参考 nanapi 折り紙で箱を折る方法

▷ https://nanapi.jp/ja/42219


おかげでわが家の玄関は、匂いに関しては自分の基準で完璧にクリアできました。

以前はかなりがっかりな匂い空間になっていましたが、今ではアロマオイルのいい香りがする玄関に変貌を遂げました(ちなみに、ヒノキのアロマオイルを使用しています)。

定期的なケアを心掛ける

当たり前のことですが、1日履いた靴は、湿気の温床です。

そしてシューズボックスもまた、換気扇などついていないクローズドな場所のため、湿気が溜まりやすく逃げくいです。


できれば、1日に一度はボックスを開けて風を通すことをおすすめします。

私は毎朝ボックスを開けて(窓も開けて)、うちわで扇いで風を送るようにしています。最初は少し面倒に感じていましたが、慣れてしまえば生活の一部になります。


大抵のシューズボックスの中は、太陽光も当たらず風も通らずに湿気がこもりがち。

あまりお手入れをしないでいると靴をカビさせるだけでなく、悪臭まで発生するようになります。


清潔で気持ちのいい玄関を保つため・大切な靴を長くいい状態で愛用するために、ワンシーズンに一度は掃除するようにしましょう。

▼ 宅配できる便利な靴クリーニングを今すぐチェック!


▽ よければ、こちらもどうぞ。