もう一度恋を頑張りたくなる本

こんにちは。「あひる シンプルライフ」管理人で、図書館司書のkorino です。

誰かの恋に触発されて、「もう一度恋を頑張りたくなる本」をご紹介します。

江國香織「ホリーガーデン」

主人公の果歩とその幼馴染・静枝の、それぞれの恋と友情の物語が、仕事や食事などの日常とともに丁寧に描かれた物語。

大切な友達だからこそ、お互いの生き方や恋愛のいびつさが目に付いてしまう心の揺れが、読むたびに新鮮な共感を運んできます。

少しおっとりしていて一見こだわりが少ないように見える(ちょっと奔放な)果歩と、恋にも生き方にも真面目で揺るぎない静枝は、海と山のように異なる2人に思えますが、お互いを自慢の友達だと感じています。

女子校という少しばかりクローズドな空気感と時間を共有してきた2人は、近すぎる程にお互いを知り、知り過ぎているからこそ(自分から見た)相手の「はみ出している感じ」「愚直なまでの真っすぐさ」に苛立ちを感じてしまうよう。

大人になっても、30年近く生きていても(2人は30歳目前)、社会的に正しくばかり生きられるとは限りません。

逆に年齢を重ねたゆえの「ちゃんとできないもどかしさ」や「世間的に正しく振舞えない苦しさ」もあります。

お互いを大切な女友達と認め、幸せになってほしいとも願っているのに、釈然としない見えない何かがいつも2人を取り巻いています。

そして日々の繰り返しの中で蓄積される小さな変化は、やがて緩やかで大きな変化へと繋がっていきます。

江國さんの作品は、言葉にするのが難しい柔らかな感情や日常を彩る音(擬音)の表現がとても見事で、ページを追うごとに作品世界の中に自分の感覚もゆるやかに溶けていくかのようです。

女友達の親密さともどかしさ、恋の不可抗力を味わえる小説です。

\ 今すぐ読む! /

谷川史子「くじら日和」

谷川史子さんがりぼん連載作家だった頃の作品です。

最近の谷川作品は「おひとり様物語」「くらしのいずみ」など、読者対象も作品の登場人物も大人であることが多いのですが、以前は中学生・高校生向け(もちろん登場人物たちも学生)の作品を多く手掛けていました。

この頃の谷川作品の登場人物たちは、その若い魂で伸びやかに懸命に恋をしています。

学生結婚の末に早くに妻と他界してしまった「いとこの鶴ちゃん」を想い続ける主人公の勇魚(いさな:鯨の古語です)と、その勇魚を想う優しい亀和田くん。

若者たちの片想いが何ともせつなく、大人になって読み返すと、「こんなピュアに生きられないっ!」とこそばゆくも愛しい気持ちになってしまいます。

りぼん連載の頃の谷川作品の登場人物たちは、本当にどの子もみんなとてつもなくかわいい!のです。

「くじら日和」は私が初めて谷川作品に出合った物語で、過去に置いてきた気持ちや、瑞々しい感性を思い出させてくれる物語(その後、谷川さんの漫画がとても好きになった私は、学生時代に何冊も谷川作品を買っていました)。

シンプルな線描の美しさとあたたかなタッチのイラストがとても魅力的ですが、ストーリーは中々にほろ苦いテイストで、人を想う気持ちの難しさや苦しさ、そしてかけがえのなさを思い知らせてくれる作品です。

\ 今すぐ読む! /


▼ 初回最大90%OFFのお得なクーポンがもらえる!
国内最大級の電子書店「Reader Store」はこちら

▽ よければ、こちらもどうぞ。